Archives

選ぶときのポイント

生命保険を選ぶときのポイント、それは、『自分(家族)にとってベストな保険かどうか』という点です。保険には非常に様々な種類があります。それらの保険それぞれが、異なった特徴を持っています。

ある保険に関しては、特定の家族構成に良い保険となっていたり、ある保険は高齢者にとって良い保障がなされる保険となっていたりします。勿論一概に言うことはできませんが、いわゆる私達が選ぶ保険というのは、他人がそれを決めた時に選んだ基準で決めることはできません。ということは、誰かが良いと言っていたからそれに加入する、というのは間違っています。

保険には、どのような場合にどのような保障が適用されるのか、という点を把握する必要がありますが、勘違いをしていると、本当は保険が下りるはずだったのに、下りない、ということもあり得ます。また、貯蓄型の保険の場合、本来支払った分の保険料に対して全て貯蓄分として戻ってくるというイメージでしたが、実際のところは、それより少ない金額しか受け取ることができなかった、ということもあります。
いわゆる、元本割れ、という状態です。そういったリスクを考えることも、保険選びを行ううえでは、重要なことです。

生命保険の在り方

そもそも、皆さんは「なぜ」生命保険に加入されるのでしょうか。ある方は、安心を得たいから、と答えられるかもしれません。
そしてその答えは、生命保険に加入することの、本質をついているかもしれません。そうです、私達が保険料を支払うことによって得られるのは、いわゆる『安心』だからです。

そもそも、保険に加入したからと言って、病気や怪我、そして死が回避できるわけではありません。しかし、保険に加入しておけば、将来もし手術や治療でお金が必要になった場合であっても、お金のことで悩むことは少なくなります。
そのような確証を得られていることは、『安心』です。そういう意味で、『安心感』を買っている、と言えるのです。

いわゆる、『安心できている』状態は、当然それについての計画等は終わっていることとなりますので、余計なことを考えずに、本来もっと考えなければならないことなどについて考えることができます。
しかし、保険であればどんな保険でも良い、という訳でなく、実際に保険によって今後どう生きるか、ということについて影響してくることもあります。だからこそ、私達は、一度加入した保険であっても、見直す大切さ、重要性が、あるのです。