保険見直しが世の中全体のブームだった時期を過ぎ、実際に多くの方々がこの作業を経験されたことで、私達契約者側にも、より必要とされる正しい関連知識が普及したと言えるでしょう。一時期は単純に保険料が安くなるメリットばかりがひとり歩きしてしまい、本来大切な契約内容の検証作業が、保険会社や保険代理店の担当者からの一方通行な提示となってしまう傾向が否めませんでした。保険見直しと保険料負担の軽減をイコールで結びつけてしまい、保険料が安くなるメリットだけに着目してしまう方々が、一時期潜在的に増加してしまったのも、記憶に新しい現象です。

こうした契約者に誤った認識を与えてしまった要因として、各メディア上で配信された、各保険代理店のテレビスポットや広告が見過ごせません。新規来店者を募る目的で宣伝をする以上、私達の「お得感を煽る」文言が最優先されるのは当然で、結果「保険料が安くなる」が連呼された結果が、この誤解の拡張に大きく影響していました。今日多くの相談者が、契約内容に着目し、より自分達の現在から未来に必要な保障内容を検証されていますが、こうした正しい保険見直しが広く実践されるには、それなりの時間を要した歴史が存在しているのです。

ここでは以下、ようやく整った本来の保険見直し作業に際し、どのような環境が望まれるのか、どこに相談するのがベストなのかなど、より質の高い見直しにつなげる上での着目点をお伝えします。